第33回 無限Rehabilitation ZERO work shop ご案内

第33回 無限Rehabilitation ZERO work shop ご案内

 縲宣。泌・逵・縲第ィ句哨雋エ蠎ダconvert_20170315001610

この度、首都大学東京人間健康科学研究科 教授である樋口貴広先生をお招きして、「運動支援の心理学~“身体感覚”と“注意”を中心として~」を開催する運びとなりました。

【講師コメント】
・心理学の知識体系を活かして,身体運動にかかわる様々な問題を支援していこうとするとき,どのような貢献が可能であろうか。講演者は,心理学的知識の中でも,特に知覚・認知のトピックに着目して,身体運動の制御や学習を支援する取り組みを行っている。本講演では,こうした取り組みの一端として,“身体感覚”および“注意”に焦点を当てて話題提供を行う。そのほか,「言葉を用いたコミュニケーション」や「運動学習」など,心理学が提供する様々な話題と運動支援との関連についても併せて紹介する。

<身体感覚>
・運動支援の現場では,身体感覚を客観に一致させることに,多くの時間を割く場合がある。脳卒中片麻痺者の場合,左右非対称な姿勢をとっていることが誰の目から見ても明らかなのに,本人がそれを自覚していないことがある。整形外科的な下肢疾患を持つ患者の場合でも,非周期的で動揺の激しい歩行動作を運動支援者が改善したいと思っても,患者本人はその問題を自覚しておらず,運動支援者の言葉に耳を貸さない,ということも珍しくない。患者本人が自己の身体や動作の状況を正確に自覚していないこれらのケースでは,いくら運動支援者が患者の状況に即した動作課題を提供できたとしても,結果として効果的なリハビリテーションができない,という事態に陥るかもしれない。よって,必要に応じて身体感覚への介入を考えることになる。本講演では,身体感覚の生起に関する基礎的な研究知見の事例を紹介する。こうした話題ととおして,身体感覚とは何か,そしてそれを運動支援にどのように役立てていくか,ということについて理解を深めていただく。

<注意>
・注意には大きく2つの側面がある。重要な情報を選択するという側面(選択的注意)と,複数の情報に配分されるという側面(分割的注意)がある。いずれの側面も,私たちが日常生活において適切に行動するために重要な役割を果たしており,リハビリテーションの諸問題とも密接に結びついている。本講演では,注意が上手く機能しないことで,不適切な状況判断をしてしまったり,歩行中の転倒に結びついてしまったりすることがあることについて説明する。

【テーマ】 運動支援の心理学 ~“身体感覚”と“注意”を中心として~

・ 講師 : 樋口 貴広 先生 首都大学東京人間健康科学研究科 教授

・ 日時 : 平成29年7月30日(日)

・ 時間 : 10:00~16:00 (受付 : 9:30~)

・ 会場 : 福岡市内にて開催(受講決定後にお知らせします)

・ 受講費 : 7,000円

・ 対象 : 理学療法士 ・ 作業療法士

・ 定員 : 40名

・ 申し込み方法 : メール件名を「第33回無限リハ」とし、以下の必要事項を記入の上、お申し込み下さい。

①氏名(ふりがな) ②勤務先 ③メールアドレス ④電話番号(連絡が取れる番号をお願いします)
⑤職種 ⑥経験年数(何年目) ⑦領収書の有無 

申し込みメールアドレス: mugenreha_zero09@yahoo.co.jp

・ 申し込み締め切り : 先着順(定員になり次第、キャンセル待ちとさせて頂きます)

※申し込み受け付け後、1週間以内に申し込み頂いたメールアドレス宛てに、事務局より確認のメールをお送り致します。確認のメールが来ない場合は、申し込みメールが受信できていない場合がございますので、お手数ですが、電話でのご連絡をお願い致します。携帯メールでお申し込みされた場合は、こちらからのメールを受信できるように設定をお願い致します。

※運営の都合により、6月30日以降のキャンセルにつきましては、キャンセル料(受講費100%)を頂きますので、御了承下さい。


<お問い合わせ>
無限Rehabilitation ZERO 代表 塚本 建志
〒830-0037  福岡県久留米市諏訪野町2-6
古賀整形外科医院 リハビリテーション科   
TEL : 0942-32-2925  FAX : 0942-32-5513
E-mail : mugenreha_zero09@yahoo.co.jp
Blog : http://mugenrehazero.blog39.fc2.com/
スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索