第18回 無限Rehabilitation ZERO work shop 胸郭コースセミナーpartⅣ報告

第18回 無限Rehabilitation ZERO work shop 胸郭コースセミナーpartⅣ報告

IMG_6526_convert_20160227215813.jpg

かなり報告が遅くなりましたが、昨年12月20日に第18回無限Rehabilitation ZERO work shop 
胸郭コースセミナーpartⅣ:徒手療法を開催致しました。

今回も北九州リハビリテーション学院の野口 敦先生にmobilization、筋機能改善-Load transfer&Motor –control、姿勢管理について実技を中心とした講義をして頂きました。

今回のpartⅣで胸郭コースセミナーは最終回となりますが、適切なアプローチを習得するためには機能解剖学、触診、運動検査と今まで学んだことを総動員する必要がありますし、野口先生も教える側としても一番難しいpartであることをおっしゃっていました。

IMG_6522_convert_20160227215748.jpg

MobilizationはRotation Danceの動きを促通するため、硬くなってしまった脊柱起立筋をリラクゼーションする目的でvertebral P-A pressure、transverse prosses P-Aを行いました。

胸椎レベルの側屈や回旋動作にて評価した後、問題となる椎体に対してアプローチを行い、再度評価する流れで教えて頂きました。

呼吸リズムに合わせてアプローチすることがポイントになりますが、関節に対しては何秒間keepすればよかったでしょうか?

筋や靱帯の場合は何秒keepだったのか覚えていますか?

回旋障害に対しては椎体を触知する指をどのように配置してどの程度圧刺激を加えればよかったでしょうか?

実技の練習中に受講者の方々の触知する指を見ていましたが、ほとんどの方が力が入り過ぎていて指先の血の気が無くなっていました。

指の力でランドマークを触知しても相手は痛いばかりで防御性収縮を伴いますので、臨床現場で行う際は優しく行って下さい。

IMG_6578_convert_20160227215858.jpg

分節間での片側上方及び下方すべりでは、ピストルグリップという手法にて椎体を3つ固定して可動域の制限を感じるところまで動かした後椎体のすべりを起こす方法もありました。

分節間の関節の動きがイメージできなければ適切に操作できませんし、セラピスト自身の身体の使い方が一番難しかったと思います。
PartⅣでも多くの受講者が野口先生から立ち位置やアプローチする際の重心移動といった身体の使い方について教えて頂く場面をよく目にしました。

IMG_6641_convert_20160227215944.jpg

IMG_6645_convert_20160227220006.jpg

身体の使い方は今回の胸郭セミナーのみでなく、他の部位を治療する際にも重要な要素であると思うので、普段から意識してセラピストも患者さんも楽に治療できるように意識して取り組んで頂きたいと思います。

筋機能改善や姿勢管理ではセラバンドやスリング、四つ這い肢位での体幹を中心としたstabilityを高めるエクササイズを教えて頂きました。

野口先生は今回のセミナーで学んだことをそのまま使用するのではなく、セラピストや患者さんによってバリエーションを持っていた方が良いと言われていました。

適切な刺激で触知して運動検査を行い、治療を行って再評価するといった流れが重要であると思います。

野口先生、partⅠ~partⅣまで講師としてお越し頂き、本当に有り難うございました!
今回から4部構成となったことで実技時間を多く設けて頂き大変良かったと思います。

今年も胸郭セミナーを開催しますので宜しくお願い致します。

島田科長&上門君、アシスタントお疲れ様でした。
科長は野口先生からたくさん触って頂いたので、きっと腰痛が完治したと思います(笑)

上門君も受講者のペアになったり会場設営など手伝ってくれて有り難うヽ(^o^)丿

IMG_6603_convert_20160227215708.jpg

受講者の皆さんも本当にお疲れ様でした!
今年はアシスタントとして参加して頂けると有り難いです。
皆さんからのご一報をお待ちしています。
スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索