第18回 無限Rehabilitation ZERO work shop 胸郭コースセミナーpartⅡ報告

第18回 無限Rehabilitation ZERO work shop 胸郭コースセミナーpartⅡ報告

IMG_5559_convert_20151023231017.jpg

10月18日に第18回無限Rehabilitation ZERO work shop 
胸郭コースセミナーpartⅡ:触診・運動検査①を開催致しました。

今回も私がお世話になっている北九州リハビリテーション学院の野口 敦先生に講義して頂きました。

今回は胸骨・肋骨・棘突起・横突起をしっかりと触診できるようになること、胸郭の動きを全体的に捉えることを目的に講義を進めて頂きました。

皆さんは普段の臨床で胸郭の触診が出来ていますか?

大まかな触診はできているかもしれませんが、各肋骨切痕や第11~12肋骨などの触診は難しかったと思います。
しかし、胸郭や腰部・骨盤帯の動きに関わる主要な筋が付着するため、確実に触診できるように練習して頂きたいと思います。

胸椎の棘突起や横突起も頚椎や腰椎と違って向く方向が違いや触診するポイント、横突起との位置関係、横突起を腹側に加圧(押し込んだ)した際の動きなど異なる部分も多く存在します。

特に棘突起と横突起の位置関係を知るためには2-3-2のルールを参考に触診することが重要となります。

横隔膜のドームの高さや腱中心、胆嚢・脾臓・腎臓といった内臓系の病変を知るためにも左右の肋骨を確実に触診できなければいけないことを実感できたのではないでしょうか?

IMG_5566_convert_20151023231040.jpg

IMG_5571_convert_20151023231100.jpg

IMG_5587_convert_20151023231122.jpg

胸郭の動きを全体的に捉えるためには平行四辺形型の動きと台形型の動きを理解しなければなりません。

胸郭は構造学的に安定しているといわれますが可動性が必要となる部位となります。

肩のラインを水平に保ったまま胸郭ボックスを前後・左右へ潰したり、体幹を軽度前傾し上下への潰しのチェックを行いました。

IMG_5629_convert_20151023231213.jpg

IMG_5635_convert_20151023231247.jpg

IMG_5649_convert_20151023231309.jpg

座圧中心の移動や体幹の運動連鎖、座圧変移による側屈運動など頭では動きが理解できたとしても実際に動かしてみると思うように動かず野口先生から直接指導して頂いた受講者も多かったようです。

最後に自動運動テストを行いましたが、屈曲・伸展・側屈・回旋時の上位胸椎レベルと下位胸椎レベルでの動きの違いや肋骨の動き、椎間関節や肋横突関節の動き、胸椎のcoupling motionパターンなど頭でイメージしながら動きを捉えることが難しかったと思います。

IMG_5669_convert_20151023231338.jpg

次回のpartⅢでは徒手による運動検査を行うため、胸郭の自動運動時の動きを復習して頂きたいと思います。

今回のpartⅡでは受講者から「どんな患者に使うのか」「私は急性期だから今回の内容は役に立たなかった」といった内容の質問を野口先生にされていました。

胸郭セミナーをはじめ、どのセミナーの講師でも患者さんに当てはめるようなことは講義していませんし、講師から学んだものを自身の糧となるように消化・吸収して患者さんが必要としていることが何なのかしっかりと考えてかつ弁別して提供することが重要であると思います。

野口先生や前回のセンスアップセミナーで講義して頂いた山口先生もおっしゃっていましたが「考えること」がとても大事です。

患者さんは教科書通りに治りませんし、患者さん用のマニュアルも存在しません。

今回野口先生から学んだことを復習してしっかりと考えて臨床現場にて活用して頂きたいと思います。

IMG_5601_convert_20151023231149.jpg

IMG_5554_convert_20151023230946.jpg

野口先生、今回も御多忙中にも関わらず実技中心の講義をして頂き有り難うございました!
対応できるスタッフが私しかおらず色々と御迷惑をおかけ致しました。
PartⅢではもっと野口先生のサポートができるように致します。

佐野村君、アシスタント&会場設営など雑用まで手伝って頂き有り難う!
PartⅢでも佐野村君の活躍に期待しています(笑)

また、会場内にて色々とお手伝いして頂いた先生方、ご協力頂き本当に有り難うございました。
次回のpartⅢも宜しくお願いします!
スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索