FC2ブログ
 

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

ラーメン侍

ラーメン侍

皆さんお疲れ様です

早速ですが、皆さんはラーメンは好きですか
私はラーメンが大好きなので、ちょこちょこ食べに行っています

最近は、久留米市にある大砲ラーメンの本店によくお邪魔しています

というのも、私がリハビリをさせて頂いている方の中に、
大砲ラーメンの関係者の方がいらっしゃいます
※ブログに載せる件は了承を頂いております。

毎回、来院して頂いた際にラーメンのお話を色々と聞かせて頂いて
いるのですが、先日、日本映画では初となるラーメン映画

 『ラーメン侍』 

ramensamurai_468_convert_20110930010948.jpg

の話を伺うことができました。

ラーメン侍No.1
ラーメン侍 No.2

今回の映画は、昭和40年頃の活気ある屋台街と、バブル崩壊後の
不景気に沈む現代を舞台に、
 『ラーメンの力で人と街を元気にしよう』 
と奮闘する親子二代のラーメン店主と家族のドラマを人情味
たっぷりに描く物語で、ストーリーは

突然の訃報を受け、父のラーメン屋を継ぐ決心をした光(渡辺大)は、東京のデザイン会社をやめ、故郷の福岡・久留米に戻ってくる。店は相変わらず繁盛していたが、光は自分が選んだ道に自信がもてずにいた。そんなある日、母・嘉子(山口紗弥加)とかつての活気をすっかり失った屋台街を訪れる。 嘉子が光に語ったのは、無鉄砲な昇に振り回され、貧乏のどん底だったが面白おかしく生きていたあの頃の思い出。父はどうしてラーメン屋を始めたのか、そのラーメンにはどんな思いが詰まっていたのか?幼い頃は想像もしなかった父の想いに気づいた光は、やがて記憶を頼りに父親の味を再現しようと試行錯誤を始める。それは光にとって、自分にとっての「ラーメン」、そして自分自身の「夢」に向き合うことでもあった。

となっております

私はリハビリをさせて頂いているときに、直接お話を伺っていますが、
現在の大砲ラーメンに至るまでには、大変な苦労があったようです

今までは、ただおいしいと思って食べているだけでしたが、これからは
親子二代の想いを感じながら、今まで以上にしっかりと味わって
食べようと思います

ラーメン侍 No.3

皆さんも是非、大砲ラーメンに足を運んで頂ければと思います

映画は10月22日(土)ロードショーとなっておりますので、
こちらにも足を運んで頂きたいと思います


ta-bo
スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。