無限Rehabilitation ZERO

2018年04月

更新月別の画像が一覧表示されます 同じ月に更新された記事を一覧表示できます

▼ 日付をクリックするとその日に更新された記事が一覧表示されます

2018 031234567891011121314151617181920212223242526272829302018 05
edit-notes16.png2018.04.29.
ichiran16.png他勉強会案内

他団体主催研修会 案内 「クリニカルリーズニングに基づく【セルフ筋膜リリース】の実践」

Peachより、2018年5月12日(土)・7月8日(日)・9月9日(日)・11月11日(日)・2019年1月13日(日)開催の講習会のご案内です。この度、医療法人うれしの 福田病院 ふくだクリニック(佐賀県嬉野市)、深部組織筋膜〈DTMR〉プラクティショナー協会理事の 高木 庸平 氏(理学療法士)に 「 クリニカルリーズニングに基づく【セルフ筋膜リリース】の実践 」 をテーマにご教授頂くこととなりました。今回は受講者のご要望にお答えし...

⇒ 続きを読む

第36回 無限Rehabilitation ZERO work shop partⅡ ご案内

この度、石川県立明和特別支援学校 理学療法士である荒木茂先生をお招きして、「マッスルインバランス コースセミナー(2nd)」を開催する運びとなりました。 マッスルインバランスとは、疼痛・機能障害・変性などから、抑制あるいは筋力低下と緊張、短縮により生じる筋機能不全と言われています。骨格筋は適度に緊張することで関節を安定化させ、筋収縮力などを調整することにより、体幹及び四肢を効率よく運動させることを可能...

クリックで
記事が開きます
edit-notes16.png2018.04.21. ichiran16.png

第36回 無限Rehabilitation ZERO work shop partⅡ ご案内

第38回 無限Rehabilitation ZERO work shop ご案内

この度、con-next コネクス世話人代表の野口敦先生をお招きして、「関節病態運動学コースセミナー(2nd)」を開催する運びとなりました。関節疾患の病態は、機械的ストレスが集中的にかかることで引き起こされる異常関節運動のことであると言われており、多くのセラピストが日々の臨床現場にて遭遇していると思いますが、患者さんを目の前にして障害構造をモデル化することができず、治療プログラムの立案に苦慮しているセラピスト...

クリックで
記事が開きます
edit-notes16.png2018.04.15. ichiran16.png

第38回 無限Rehabilitation ZERO work shop ご案内


MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索